アメリカのベンチャー企業「スペースX」は、2023年の実現を目指している民間初の月周回旅行の乗客に、
通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長が選んだ。前澤社長は宇宙船の座席9席すべてを予約した。

前澤社長は「子どものころからずっと月が好きでした。月はいつも人類に着想を与えてきました。
だから、月を間近に見るこの機会を私は逃さないつもりです」と語った。

催行のスペースX社「前澤氏は手付金を払ってくれています」

購入金額は明らかにされなかったが、スペースXのイーコン・マスクCEOは「この計画には50億ドル(約5600億円)
近い額がかかる。前澤氏はすでに手付金を払ってくれています。ロケット開発に十分貢献してもらうほどの金額です」
と話した。現地メディアによると、前澤社長は100億円以上を支払ったともいう。

この月旅行は、スペースXが開発中の宇宙船BFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)で1週間かけて月を回って帰ってくるという計画だ。
BFRは全長100メートル、直径9メートルの大型ロケットで、打ち上げ後に1段目を分離し、軌道上をマッハ25のスピードで飛び続け、
月を目指すという。

「月は時代を超えて私たちの想像力をかき立ててきた」

前澤社長は最大8人のアーティストを同行させる予定だ。その理由について、「帰還後に作品を生み出してもらうため。
月は時代を超えて私たちの想像力をかき立ててきた」「世界の平和にも貢献したい」などと語った。

司会の羽鳥慎一「スケールが違いすぎますね」

前澤社長を取材したことのある「ビジネスインサイダージャパン」の滝川麻衣子記者は「前澤さんは目がキラキラして、
少年のような夢を失わない経営者。だから月の話も違和感はありませんでした」と話す。

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「前澤さんの名前は噂で上がっていましたが、まさか買い占めるとは思いませんでした」

※引用

 

テレビで見たけど驚きましたね。

100億円の支払い・・・
そのほんの少し・・・分けてほしいw

しかしスケールが大きすぎます。
お金を持つことで夢を買う。

お金に染まってるとは言え、それを他に還元。
さらに自分の知名度や評価も上がる。

こんなお金の使い方は最高ですね。

 

ヴァイナス 口コミレヴィーガモイスチュアセラム 口コミみたいな商品を作れたら多少お金に困らない生活が出来るんでしょうね。

お金を中途半端に持つからいけないのでは・・・
有り余るお金を持てば心の余裕しか出来ないと思います。

美容液 おすすめHMBサプリ 女性 おすすめ痩せる ダイエットサプリ おすすめこういうのに取り上げられれば商品も売れるんでしょうけど。

いかに広告費を出せるかだろうな・・
最近よくみかけるいぶきの実 口コミ 効果は、広告費払ってるんだと思う。

まぁいびきは自分は害がなくても他の人にとっては害しかないですからね。

 

つい先日、ふんわりルームブラ 口コミ 効果をつけてる女性に出会ったんですが、これがまたすごくて・・
これはぜひ女性必見ですよ。

 

それにしても・・宇宙か・・

テレビでしか見たことない世界が目の前に広がるとどう感じるんだろうか・・・

何百年後には、普通に宇宙に行ける日が来るかもですね。