今日も、コインチェックという仮想通貨をとりあつかう会社の事がとりだたされていますね。

金額も500億とか、400億とか、まぁ、まったく概念が掴めないくらいの金額の話が飛び交っているところに、さらに、コインチェック自体が、そもそも、ネムNEMというコインを顧客に売る時に仕入れていなかったという話が話題になっていますが、いや恐ろしい話ですね。

 

仕入れていないものを、価値があるように見えるとしてそれを売るというのが本当であればこのコインチェックという会社は、かなり黒い部分があったのかなとも想像してしまいます。

まだ、そうだったのかもわからないので、それ以上言及はしませんが。

 

どちらかと言えば、こういう事にのめり込んでしまう人の心が怖いなぁと感じた次第です。

 

そもそも、ネムの役割というと、金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨という事で発行された通貨という事です。

 

なんだろうかなぁ・・新しい経済圏の創出を目的として・・という事であれば、別にネムでなくても良くね?

って思ったりする。

 

そして、ネムを購入していた人って、投機的な意識がほとんどだろうから、単純に買い荒らされて、不正流出になって大事になった・・・

 

という事な気がする。

 

そしてこれは、金融庁がしっかりと働いていない事が1番の問題なんだと思う。

本来通貨取引所としてみなしてきな感じで運用するのをここまで許してしまっているのが問題だと思う。

 

実際海外の取引所を使用する際には、その取引所が無くなったり、不正に流出させたりというリスクがあるけど、マニアックな安い仮想通貨があるという事でそのリスクと、もってる資金で増やせたら良いなっていう層がいて、それを国内の取引所が同じようにマニアックなコインを取り扱っているのがコインチェックだったという事で、英語がわからない人なども含めて飛びついたって感じがします。

多分ですが、コインチェックを利用していてマニアックなコインに投資する人は、もう安くて手続きが海外よりはわかりやすいコインチェックで買っておけばいいかな的な感じだったんだろうなぁとおもうけど、普通こういう取引所は、それなりにまともなセキュリティとかしていると思っていたと思うんですが、そうじゃなかった・・・

という事で今回の事だと思うのですが、やはり監督できていなかった金融庁にも問題ありな気がしないでもないですね。

 

こういう一攫千金的なのは、たしかに気分は盛り上がりますが、うまくいく人がいるから、うまくいかない人がいる世界だと思うと、素人が無防備に投資するにはちょっとハードルが高かったのかもしれませんね。